蓮.jpg

彼岸会

春分の日、秋分の日をお中日(ちゅうにち)として、お中日前後、三日間を含めた、七日間の期間をお彼岸といい。それぞれ春彼岸(3月20日)、秋彼岸(9月23日)と呼ばれます。


彼岸という言葉は、古代インド語のパーラミーター(波羅蜜)が語源で、「彼の岸へ至る」ことを意味します。

私たちが過ごす、この世界を(迷いの世界)此岸、悟りの世界を彼岸と言います。

この時期は、気候も穏やかなので、悟りの穏やかさと関連するとともに、過ごしやすいため、自身の意識を整えるのに良いとされ、日ごろの周囲への感謝とご先祖さまなど有縁の方々を敬い、偲ぶ日とされています。

光明宝院では、檀家さまに限らず、どなたでも心よりご供養致します。

法要は10時より行います。

一霊 三千円

ご予約は下記フォーム、または光明宝院までお電話(0735-52-1206)下さい

彼岸会 ご供養お申し込み

お申し込みありがとうございます。後ほど、光明宝院寺務所よりご連絡致します。5日以上、返信が無い場合は、お手数ですが、光明宝院寺務所までお電話下さい。